オンカジ・スロット、人気機種!〜2020年・厳選3機種!!〜




Hawaiian Dream Book of Dead Moon Princess


同社の初号機。2019年No.1ヒットで、トップクラスの高ペイアウト機種♪ レビューへ



2019年、トップ3に入る、人気のカジノスロット!高額配当を目指せ!! レビューへ



「セーラー○ーン」 をパクったようなキャラですが、ゲーム性は最高です♪ レビューへ





ネットカジノ・スロット、さすがの爆発力!!『Reactoonz 2』/レビュー&動画!

 

 

 

 

 

 

 当サイト経由での【LuckyNiki Casino】ご登録で、$30のベットマネー ゲット♪
 詳しくは、トップページ中程に...

 

 → 登録するだけ!$30をゲットしよう♪

 

 

 

 

 本日は、ネットカジノ・スロットで、人気と爆発力を誇る名機、
 【Play’nGO社】 の、Reactoonzの後継機種、『Reactoonz 2』 が、
 リリースされましたので、プレイ方法の解説&YouTube動画を、お届けします。
 (Play’nGO社のゲームは、非常に繊細なグラフィックと、豊富なボーナスが特徴です!!)

 

 

 『Reactoonz 2』 は、グラフィック&サウンドが、超・愛らしく、
 その上、爆発力も併せ持った機種なので、人気も爆発すること間違いナシです♪
 (2020年10月リリース)

 

 

 まずは、「登録するだけ、$30ボーナス」 を受け取って、試し打ちしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Reactoonz 2』 のスペック

 

 

 

※ 以下、画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 爆発力を誇る、ネットカジノ・スロット、『Reactoonz 2』 は、
 「7リール×7列・ーライン」。賭け額は、「0.2ドル〜100ドル」となっています。
 (後で解説しますが、落ちゲースロットなので、ペイラインはありません)

 

 

 図柄ですが、

 

 

 ワイルド図柄が複数個あり、スキャッターは、ありません。
 (この機種のキモは、「ワイルド」 です)

 

 

 この他、

 

 

 4種類の、少し凝った絵柄が、高配当図柄。
 4種類の、少し手抜き感のある絵柄が、低配当図柄。

 

 

 続いて、『Reactoonz 2』 のボーナス等について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常ゲーム中の演出

 

 

 

※ 青光りしてるマスの図柄が消え、消えた分だけ、上から図柄が落ちてきます。

 

 

 

 

 まず、

 

 

 Reactoonz2に採用されてる、『落ちゲー』 システムですが、
 「図柄が揃えば、消え、空いたマスに、上から図柄が落ちてくる」 といった、
 ぷよぷよに似たシステムです。
 (この繰り返しを、「連鎖」 と言います)

 

 

 続いて、

 

 

 配当方法ですが、「縦 & 横」 に、5つ以上同じ図柄が連なれば、配当成立となります。

 

 

 また、

 

 

 Reactoonz2では、ネットカジノ・スロットに採用されている、「フリーゲーム」 なく、
 連鎖中にワイルド図柄が絡んで、配当を延ばしていくという、特殊な機種であります。
 (2種類のメーターがあります)

 

 

 以下、詳しく解説を...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2種類のメーター

 

 

 

 

 

 

 『Reactoonz 2』 では、リール右側に、
 上:「FluctoMeter/フラクトメーター」、下:「QuantuMeter/クアンタムメーター」
 2種類のメーターがあります。
 (下は、「Quantum + Meter = QuantuMeter」 です)

 

 

 上の、フラクトメーターは、リールにワイルドを追加するための、サブ的なメーター。
 下の、クアンタムメーターは、爆発に繋がる、メインのメーター。

 

 

 

 

 

 

FluctoMeter/フラクトメーター

 

 

 

 

 

 まず、スピン開始後、フラクトメーターの真ん中に、図柄が1つ選ばれます。
 (2つ上の画像の、右うrのメーターの真ん中に、緑の低配当図柄が表示されています)

 

 

 選ばれた絵柄が配当に絡んで消えれば、「1図柄につき、メーターが1つ」 貯まります。
 11個のメーターが全部貯まれば、連鎖終了後、「1〜3個のワイルドが追加」 されます。

 

 

 追加されたワイルドのお陰で、連鎖が続いて、
 対象絵柄が消えれば、メーターは再度貯まります。

 

 

 完全に連鎖が終了すれば、メーターはリセットされ、次のスピンにいきます。

 

 

 続いて、「QuantuMeter/クアンタムメーター」 の説明に行きたいところですが、
 Reactoonz2では、ワイルド図柄が複数あるので、まずは、こちらの説明を。

 

 

 

 

 

 

ワイルド図柄

 

 

 

 

 

 Reactoonz2では、絵柄として、4種類のワイルド図柄が用意されています。
 (左2つは、巨大ワイルドもあるので、細かくは6種類)

 

 

 ここでは、右の2種類のワイルド図柄について。

 

 

 まず、

 

 

 右端の、「Uncharged Wild」 ですが、「まだ有効になっていない、ワイルド」 で、
 8種類の図柄と共に、上からランダムに落ちてくる図柄です。

 

 

 この図柄の上下左右で、配当が成立して、図柄が消えた場合、
 アンチャージ・ド・ワイルドは有効になって、「Electric Wild」 へと、昇格します。
 (『Wid Pair Explosion』 の際も、昇格します/詳しくは、後ほど...

 

 

 続いて、

 

 

 右から2番目の、Electric Wild ですが、こちらが一般的なワイルドとなります。

 

 

 ワイルドが絡んで、同じ図柄が5個以上連なれば、配当成立となり、図柄は消えますが、
 「配当に絡んでいない、リール上の同一図柄も、すべて消し去って」 くれます。

 

 

 最後に、

 

 

 連鎖終了後、「Electric Wild」 がリールに2つ以上残っている場合、
 『Wid Pair Explosion』 が、発生します。

 

 

 『Wid Pair Explosion』 は、
 ワイルド図柄同士が、「離れている」 場合と、「くっ付いている」 場合とで、
 少し内容が異なりますので、以下、画像と共に解説を。

 

 

 

 

 

 

離れている場合

 

 

 ※ 「+8」 の表示が出ているのが、ワイルド図柄です。

 

 

 

 上の画像では、「+8」 と表示されているマスに、「Electric Wild」 がありました。

 

 2つのワイルドが離れていた場合、
 「2つのワイルドの、間にある図柄」+「各ワイルルドの、上下左右の図柄」
 が、消し去られます。

 

 ここで消えた数だけ、「QuantuMeter/クアンタムメーター」 に追加されます。

 

 

 

 

 

くっ付いている場合

 

 

 ※ 「+19」・「+23」 の表示が出ているのが、ワイルド図柄です。

 

 

 

 上の画像では、「+8」・「+23」 と表示されているマスに、「Electric Wild」 がありました。

 

 2つのワイルドがくっ付いていた場合、
 「すべての図柄」
 が、消し去られます。

 

 また、

 

 上の画像のように、くっ付いたワイルド以外で、
 離れたマスにワイルドがあっても、関係なく、すべての図柄が消し去られます。
 (他のくっ付いていないワイルド図柄は、消えずに残ります)

 

 ここで消えた数だけ、「QuantuMeter/クアンタムメーター」 に追加されます。

 

 

 

 

 

 

QuantuMeter/クアンタムメーター

 

 

※ クアンタムメーターが貯まって、「Garantoonワイルド」 が放たれた画像です。

 

 

 

 

 クアンタムメーターは、
 「ワイルドが絡んで配当が成立した場合、消えた図柄の数が貯まる」
 メーターです。

 

 

 Reactoonz2の爆発力は、このクアンタムメーターによるので、
 4段階設定されている最終段階までいくと、大爆発の可能性が、限りなく高くなります!

 

 

 メーターが貯まっていって、連鎖が終了した時点で、
 レベルに応じたワイルドが、画面に放出されます。

 

 

 まず、

 

 

 レベル1を超えて、レベル3に達するまでは、
 連鎖が終了すると、「Energoonzワイルド」 がリールに放出され、
 放出に要した数が、メーターから消費されます。

 

 

 ワイルド放出後に連鎖が続くなら、メーターは、さらに貯まっていきます。

 

 

 そして、

 

 

 レベル3に達すると、連鎖終了後に、「Garantoonワイルド」 が画面に放出されます。
 Garantoonワイルドが放出されると、メーターはリセットされます。

 

 

 メーターは、最大135。

 

 

 4段階のメーター個数と、放出ワイルドは、

 

 

・「Lv1: 55個/1×1・Energoonz(4つ)
・「Lv2: 85個/2×2・Energoonz(1つ)
・「Lv3:110個/3×3・Garantoon(1つ)

 

 

 となっており、

 

 

 Lv3・4は、
 「3×3・Garantoon(1つ)」 → 「2×2・Garantoon(2つ)」」 → 「1×1・Garantoon(9つ)
 の順番で、3回放出されます。

 

 

 さらに、

 

 

 Lv4では、「×2倍マルチプライヤー」 が加算され、一気に爆発への期待が高まります!!

 

 

 

 

 以上、

 

 

 『Reactoonz 2』 のプレイ方法について解説させていただきましたが、
 少々ややこしいシステムのため、文字での解説だけでは、分かり辛いと思います。

 

 

 ページ上部に貼ってある、YouTube動画を併せてご覧いただければ、
 幾分、分かりやすくなるかと思いますので、是非、併せてご覧ください。

 

 

 

 

 プレイした感想としては、

 

 

 一般的なネットカジノ・スロットにある、「フリーゲーム」 がないので、
 一瞬、「退屈かも...」 の思いがよぎりましたが、完全に取り越し苦労でした...

 

 

 メーターが2種類あるため、「貯まれ〜貯まれ〜」 と、
 常にドキドキしながら、非常に熱くプレイできました!

 

 

 「QuantuMeter/クアンタムメーター」 が、Lv3までいかないと、
 大した賞金が獲得できないため、ある程度の資金がないと厳しいですが、
 その分、Lv4まで行った時の爆発力は、さすがです!

 

 

 グラフィックもサウンドも、超・愛らしく、おすすめの1台です♪
 まずは、「登録するだけ、$30ボーナス」 を獲得されて、試し打ちしてみてください!!

 

 

 

 本日は、

 

 

 爆発力を誇る、ネットカジノ・スロット、【Play’nGO社】、
 『Reactoonz 2』 の、プレイ方法の解説&YouTube動画を、お届けしました。

 

 

 

 

 

 



 

『Reactoonz 2』がプレイできる、おすすめのオンラインカジノは、【ラッキーニッキーカジノ】!